FC2ブログ
 

   Vallauris Jardin           - ヴァラリス ジャルダン -

no.8 春の種蒔き始まりました。

今日は春風が吹くような暖かな陽気でした。
日向の日差しの下では、バラの新芽がムクムクと動きはじめています。
花粉症の方たちには辛い季節の到来ですね。。
ヴァラリスの代表も今日はマスクで外出していきました。
私は今年も、ヴァラリスのヴァラリス・ソープ(漢方石鹸)とルルヴェ(乳酸菌生産物質)で、なんとか乗り切ります。

12
さて、いきなりの美味しそうなサラダの画像です。
本日、去年の秋に種蒔きして育てていたムスクラン(西洋七草)の最後の収穫を終えて、新しい種蒔きをしました。
1613←2008/11月撮影、奥の白いバスケットがムスクラン
小さなバスケットながら、バイオポストを混ぜた土に繰り返し色々な葉物野菜の種を蒔いては収穫を繰り返しています。

14
通常、コンテナの植え替え時に古い根を取り除くのが定説になっていますが、バイオポストを入れた土では27億以上の微生物が古い根を分解し肥料成分に変えてくれるので、植え替え時には土の中の古い根を移植ゴテでザクザク切るだけですぐに植え付けが可能なのです。
そもそも、自然界の山の中で誰が古い根をフルイなどかけてくれているでしょうか。
小さなコンテナの中にも生態系が維持されていることが、ヴァラリスが20年続けている環境園芸なのです。

15
バイオポストの力を借りて、こんなに健康に育った根っこたちが、また次の植物達の大切な栄養になるのです。




スポンサーサイト



PageTop